汎用旋盤・汎用フライスならODEC金属加工へ、試作・小ロット・特急対応も

ODEC TOP

設備紹介

汎用旋盤・汎用フライス

TOP >  設備紹介 >  汎用旋盤・汎用フライス

0737-82-3335 fax0737-82-3352

[受付時間] 8:30 - 17:00
(日祝除く)

全国対応しています‼

汎用旋盤
汎用フライス

人間が自分で計算しながら手足を使って旋盤やワークを動かすものです。ハンドルで回した分だけ横や縦に動きます。
NC旋盤やマシニングセンターと比較すると単品モノの加工を中心に行っています。

汎用旋盤汎用フライス

金属加工には、主に「材料を固定しての加工」と、「工具(刃物)を固定しての加工」の2種類があります。
汎用旋盤は、「工具(刃物)を固定しての加工」します。工具を固定して加工するということは材料を回転させて加工しますから、断面が丸い物の加工に適しています。
構造としては、通常、3爪と呼ばれる3方向から材料を固定する「チャック」が用いられます。丸い物はしっかりと中心が出るので問題ありませんが、楕円や異型材料は、そのままでは中心が出ないため4爪と呼ばれる4方向から固定するもので中心出し(芯出し)をしながら固定します。
また長いワークに対しては、「芯押し台」でワークの固定を補助し、偏心するのを防ぎます。
バイトホルダーにはさまざまな種類の工具を固定できます。加工内容によりバイトの種類を選択しますが、よく使用するバイトには「突っ切りバイト:ワークを切断」「中ぐりバイト:ワークの内側を加工するときに使用」「右片刃バイト:ワークの端面の面削などに使用」があります。
汎用フライスは逆に、テーブルをX-Y方向に動かし、「材料を固定しての加工」することができる機械です。
フライス盤には大きく分けて縦型と横型の2つの形があります。
テーブルに対して縦方向に主軸があるのが「縦フライス盤」、横方向に主軸があるのが「横フライス盤」です。加工の精度を上げるため、加工内容によって使い分けます。
フライス盤は、多くの冶具や工具があり、その組み合わせで様々な加工ができる機械で、切削加工ではカッター、穴加工では、ドリル、エンドミルなどを使用します。

加工紹介

  • 旋盤加工

    切削加工の中で、被工作物を回転させ、工具刃物を当てて削る加工を旋削加工と呼ぶ。
    旋盤加工は旋削加工の代表的なもの

  • フライス・マシニング加工(5軸加工)

    汎用フライス盤から、マシニングセンター、さらには5軸対応可能機まで、ニーズに合わせて適切な設備にて対応

金属加工事例
一部紹介

  • スペーサ(機械部品)加工事例
  • 3穴加工版
  • スリーブ金属加工事例
  • 先端特殊加工 接続部品
  • 細径穴加工板
  • 羽根付きスリーブ加工事例

金属加工コストでお困りの発注担当者必見!!

『指値』で最短当日中の
スピード見積回答!!

「見積依頼をしてもなかなか回答が戻ってこないなあ…」
「製品の加工コストを下げられないかなあ?」

こんなお悩みは、
「金属加工指値見積サービス」で解決します。
例えば、単価1,000円の加工コストに対し、
900円の希望価格(指値)を入力して
対応可能な場合、
即時10%のコストダウンを実現できます!!

指値見積依頼をする

24時間以内迅速回答!
無料お見積り随時受付!!

金属加工・部品加工・製品のアッセンブリなど
お困りのことがあれば何でもお気軽にお問合せください。

[電話受付時間] 8:30 - 17:00
(日祝を除く)

pagetop